周囲に気兼ねせずにすむ

工事

資産価値も高まる

防音室とは、防音工事がしてある部屋のことです。ピアノ、ドラムといった各種楽器の練習や、カラオケなど歌の練習をするために設置する人が多いです。部屋全体を工事して、従来からある部屋を防音室とすることもあれば、家を新築で建てるときに防音室をあらかじめ設置することもあります。近年では、持ち運びのできる簡易的な防音室も存在します。防音室のメリットは、周囲に気兼ねせずにすむということです。家族や同居人への気兼ねはもちろんのこと、集合住宅の場合は隣近所への迷惑も考えなければなりません。特に楽器の音は、周波数が違うため、周囲に響きやすく、窓を閉めただけでは振動として伝わってしまうことがあります。また、響きにくい構造の住宅であっても、深夜などはやはり音が響いてしまいます。防音室を設置すれば時間や周囲の迷惑を考えずに思い切り練習する事ができます。楽器にとっても、湿度や温度など外部からの影響を受けにくいのでよい環境となります。費用は決して安くありませんが、簡易的なものだとかなり安く導入することもできます。簡易的なものだと楽器などは入りませんが、歌の練習などには問題ありません。また、防音室は普通の家にはなかなかない設備なので、住宅の資産価値を高めることにもつながります。他の設備と違い、経年により価値が低くなるものではないので、確実に資産価値を高めることができます。楽器を使用する場合、空調も導入するのがおすすめです。湿度や温度の変化に影響を受けやすい為です。導入時に検討するとよいでしょう。

周囲のために行おう

作業員

ドラムを自宅で練習したいという人は、防音工事をしておくと安心です。思い切り叩けるようになります。もちろん、周囲への騒音トラブルを回避することもできます。壁と壁の間に音を吸収する材料を入れるだけなので、それほど手間はかかりません。

音を気にせず過ごせる

耳を塞ぐ人

自宅に防音工事を行うことで、家でも安心して音楽活動を行うことができるようになります。仕事から趣味まで対応することができますので、音を出すことが多い人であれば業者への依頼を考えて見ましょう。個人に合わせたプランを提案してくれます。

気になる騒音を抑える

ヘルメットを持つ人

防音はどのレベルの対策が必要かを見極めることが大切です。使える費用に対して最適な方法を選ぶことで快適な暮らしを実現することができます。一口に防音と言っても様々なレベルや方向性があります。ピアノなどの楽器演奏の防音には専門の知識と技術が必要です。