周囲のために行おう

作業員

自身も安心できる

自宅でドラムの練習をしたい人は、まず、ドラムを購入することになります。通常、ドラムセットは高級でなかなか自宅に設置できません。貸しスタジオを利用して、そこで練習をすることになります。しかし、バンドを組んでいたり、プロのミュージシャンを目指していたりするのなら、自宅に購入して毎日練習した方が有効的です。このような場合には、周囲に迷惑をかけないようにするためにも防音工事をしましょう。ドラムは思い切り叩いてしまうと相当な騒音となります。下に響くので、マンションなどの集合住宅は特に迷惑をかけてしまいます。音だけではなく、時には部屋が揺れるように感じられることもあるものです。できれば集合住宅ではなく、戸建てに設置しましょう。防音工事は専門業者に依頼します。既存の住宅でももちろん、工事は可能です。通常、壁と壁の間に音が漏れないような材料を埋め込むことになります。ドラムを思い切り叩いても周囲に音が漏れなくなるので、練習も思う存分できるようになって一石二鳥です。それから、防音工事をしておけば、他の楽器も練習できるようになります。例えば、広い戸建ての場合、ドラムセットの他にギターやベース、キーボードなど、バンド練習ができる機材を置くこともできるのです。こうすれば、貸スタジオを利用しなくても、今度からは自宅でバンド練習ができます。実際に、売れているミュージシャンや自分で曲作りをしているシンガーソングライターは、自宅に防音工事を施すことが多くなっています。